トラベリングとは?

まず、1つ目に紹介するルールは、「トラベリング」です。

トラベリングとは、ボールを保持した状態で、「3歩」以上歩いてしまうことを言います。

バスケットボールでは、ボールを持った状態で、最大で「2歩」しか歩いてはいけないルールになっています。

もし、「3歩」以上歩いてしまうと、「トラベリング」の反則となり、相手ボールからの再開となります。

トップページへ